スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奪わない農業  金の卵を産む鶏

 私が住む 宇治茶の主産地・和束町では いま2番茶刈りの真っ最中です。

 お茶は、5月に1番茶(新茶 初茶)を刈り、その後新たに芽吹いた新芽を6~7月に2番茶として収穫します。

 その2番茶が、ここ和束町では大きな異変に見舞われています。

 それは、いつものように芽が伸びてくれない、例年どおり農薬をやっいても害虫が発生する、お茶の木自体が弱ってきている、といった現象としてあらわれているようです。

 そのため、今年は多くの農家で収量が大幅に少なくなり、品質もわるくなり、デフレ不況ともあいまって販売価格が低下し、かなりの収入減となるもようです。

 だだでさえ収入の少ない今の農家にとって、さらなる減収は大きな痛手となります。まわりの農家からは悲鳴にも近い嘆き声が聞こえてきます。

 
 そんななかで 私の無肥料・無農薬のお茶畑はまったく虫の被害もうけず、新しい2番茶の新芽が元気にすくすくと育っています。

 ただ私は、4年前に自然農のお茶づくりに切り替えてからは、2番茶は収穫しないことにしています。

 それは、5月に一度新芽を収穫してからようやく伸びた新芽を、引き続きまた刈り取ってしまうことは茶樹に大きな負担を強いることになると思うからです。

 2番茶を収穫しない分たしかに収入は減りますが、お茶の木が受けるストレスを減らし、年間をとおして健康に過ごせるように世話をしてあげるうえで、このことはすごく大切なことだと感じています。

 
 実際、2番茶を刈らないでやると、お茶の木は夏から秋にかけてぐんぐん枝を伸ばし、その枝も太くなり、葉の量も大変多くなります。
 そして、その葉で夏の太陽の光をいっぱい浴びながら盛んに光合成をし、できた養分を株や根に貯えます。
 また、枝が上に長く伸びる分、根が地中深く伸びることができ、根張りも拡がります。

 翌年の春には、その力で新芽を伸ばしてくれるので、そのほうが茶葉の量が増え、品質の良い新茶が得られることになるのです。


 しかし一般的なお茶の栽培では、そういう自然な茶樹の生育サイクルは無視され、2番茶、さらに3番茶(秋番茶)とより多くの茶葉を収穫する方法がとられてきました。
 そのために、より多くの肥料が施されるようになり、そのことによる害虫の発生を防ぐために、農薬の散布回数も多くなっていきました。

 確かに見た目では、多肥・多農薬のお茶栽培のほうが茶樹の生育も旺盛で、収量も多く、茶葉の色も濃い緑で品質の良いものができるように見えます。
 
 また、農協などに出荷して高く販売するためには、どうしてもそのような栽培法にしていかなければならなかったという面もあったと思います。

 
 私の父も、そのような高度成長期から現代までの近代化路線のお茶づくりを担ってきた一人でした。
 朝早くから夜遅くまで一生懸命働き、よりたくさんの収入をあげることを目指して、与える肥料の量をどんどん増やしていき、病害虫に侵されないように定期的に農薬を散布し、良いお茶をつくってまわりの農家よりも少しでも高く売れることを誇りとして農業に取り組んできました。

 ‘農業では食べていけない’‘農業なんて割があわない’と多くの農家が農業をやめていき、跡取りの息子がサラリーマンとなっていた時代に(私もその一人でした)、このような路線のもとに農業に踏みとどまり頑張ってきてくれた人たち、そして農業を継いだ数少ない若者たち、そういう人たちのお陰でこの地域の農業が維持されてきたのでした。

 
 しかし、この地域での2番茶の大幅減収という今年の事態は、このような農業のあり方の行き詰り現象のひとつの現われではないかと思えるのです。


 しかし、見方を変えれば、いま本格的な転機が訪れていると言える思えます。
 農家にとっては非常に厳しいことだけれど、こうして追いつめられていく事態のなかで、今こそ自分の農業のあり方を考え直してみる機会が与えられているのだと思います。

 ピンチをチャンスの変えていくためには何が必要か、農業の原点とは何なのか、そして特に若者には将来自分はどういう農業者となっていきたいか、そんなこをじっくりと考えてみてほしいと思います。


 私は以前、多肥・多農薬のお茶づくりへとつき進んでいく地域の農業をみていて、子供の時に読んだ童話「金の卵を産む鶏」の話とよく似ているなと思ったことがありました。

 そのお話の内容は、次のような感じだったと思います。
 
 ある人が金の卵を産む鶏を飼っていました。その鶏は必ず毎日1個ずつ卵を産んでくれます。そのお陰で、その人は卵を売って生計をたてていくことができました。
 しかし、そのうちに欲がでてきて、もっと多くの卵を得たいと思うようになり、その鶏のお腹を割いてみました。
 するとお腹からはひとかけらの金もでてこなくて、鶏は死んでしまい、ひとつも卵が得られなくなってしまいました。
 

 今の農家がそこまで思慮に欠けているというわけではないけれど、“より高く売れるものをより多く”という経済利益の追求は、農業の本来のあり方を大きく歪める側面をもっていると言えると思います。

 

 農業という職業をしていくうえで最も大切なものは何なのか?と、私は時々考えてみます。

 そして、その答えとして私自身は、作物への‘思いやり’や‘いたわり’の心ではないかと思っています。

 鶏が元気で生きていてくれてこその金の卵であるように、作物が元気でいてくれてこその農業です。

 その意味で、農業の原点とは、作物への愛だと言えると思うのです。

 
 私はこれからの農業のあり方を考えるとき、「奪う農業から与える農業への転換」という言葉がキーワードになると考えています。

 もちろん、与えるといっても、より良い肥料を与えるとか、より良い資材を与えるとかいったような物的な面からの視点ではありません。

 この点では、りんごの無農薬栽培で有名になられた青森県の木村秋則さんが口癖のように言っておられる“作物の身になって考える”ということが最も大切ではないかと思います。

 それは、作物の声を聴く努力をし、本当に作物の身になって世話をしてあげられたとき、作物もまた“自然の恵み”として、より大きなプレゼントを私たちに与えてくれるようになると確信しているからです。

 そのプレゼントとはきっと、金の卵のようなものではないでしょうか?


 この童話は、本当に大切なことを私たちに教えてくれているように思います。

 金の卵を産む鶏とは、自然そのもの、地球そのものを表していると思います。


 奪わない農業、与える農業の視点から、もう一度いまの農業のあり方や栽培法などを見直していければと思います。

 

 

 

 
スポンサーサイト
プロフィール

なごみ園

Author:なごみ園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。