スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶畑の草刈り

今日は、久しぶりにフェアリーのお茶畑に行って、草刈りをしました。

今年は猛暑と日照り続きで、茶樹にとっても厳しい夏だったと思いますが、わが家のお茶の木たちは、とっても元気で生き生きとした姿をみせてくれています。

この畑は、スリーエフ農法に切り替えてから、丸3年がたちました。
スリーエフ農法にしてから、この畑ではまったく肥料や農薬を与えていませんが、この間いちども病気になったり、虫が大発生したりということはなく、毎年たくさんの茶葉の恵みを収穫させてもらっています。

しいて言えば、切り替えて1年目は芽の伸びが弱くなり、春に収穫した新茶の収量は半分ほどに減りました。しかし、もう2年目には持ち直して以前と同じ程度の収量が得られるようになり、3年目の今年はさらに増加しました。

私自身としては、収量を増やすことを追求しているわけではないのですが、茶樹が元気で、すくすくと綺麗な新芽をいっぱい伸ばしてくれる姿を見るのは、大きな喜びです。

5月に新茶を収穫した後は、直後に番茶用の茶葉を刈り取り、その後でてくる芽はそのまま伸ばしておきます。
普通の栽培では、7月ごろに2番茶としてもう一度収穫するのですが、私の畑では収穫しないので、その芽がしっかりと伸び、葉の色が濃くなり、がっしりとした枝に育っています。

また普通の栽培では、この間、何度も農薬をかけたり、肥料をやったりします。それに対し私の畑では、スリーエフ農法の波動水や「たいちくん」、ブルーソーラーウオーターなどの波動の良い活性化した水を散布しています。

自分なりのお茶づくりを始めて以来、一度も虫や病気の被害を受けず、ここまで順調にやってこられたのも、これらの活性水のお蔭だと感謝しています。

スリーエフ農法を主宰されている藤野順弘さんは、栽培者である農家さん自体の心持ち(心掛け)がなによりも大事であると言われます。栽培者がいつも“うれしい、楽しい、有難い”という喜びと感謝の気持ちで植物と接しているなら、その植物は安定し、自然の要素とも調和して、さまざまな側面からの応援を受けることができます。
特に、水は人の意識の波動を伝えます。だからその水が、愛と感謝の波動でできているなら、それが植物や土にも伝わり、作物本来の生命力を引き出す力となっていきます。そして、そうしてできた生産物は、エネルギーの高い、人の心と身体を癒し、健康にしてくれる滋養食になるのだと思います。

こういった水を散布している畑では、畑自体が居心地のよい空間となっていっています。

今日も朝から半日、草刈り機を使って草刈りをしましたが、ここでの作業はすごく楽々で、疲れを感じませんでした。

そして、お茶の木は最近メキメキと元気になってきて、葉っぱにも艶がでてきて、それを見ていると心がうきうき楽しくなってきます。

夏の間にかなり伸びた草を適度に刈ってやると、畑も少しさっぱりしました。草もまた、お茶の仲間であるのだろうから、この夏いっしょに育ってくれて、お茶を暑さや乾燥から守ってくれたことに感謝です。
そして、自然農の考え方では、草を一気に刈り取らず、何回かにわけて、徐々に減らしていくことが大切だと言われます。それは、虫さんは草の方に多く住んでいるので、いっぺんにその住処を奪ってしまうと、作物のほうに移動して害を与えることになりやすいからです。

また、刈った草はそのまま土の上においておきます。畑は耕さないので枯草などの分解が遅く、だんだんと土中有機物の量が増えていってます。そのお蔭で、この3年間で畑の土はかなりフカフカの状態になってきました。

お茶の木がより心地よく過ごすことができ、それぞれの木がもつ本来の生命の輝きを、さらに輝かせていけるお茶畑になってくれるよう願いつつ、これからも作業を続けていきたいと思います。


2010年9月EHフェア・茶畑 032s

2010年9月EHフェア・茶畑 039s

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

なごみ園

Author:なごみ園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。