スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新米ができました!!

☆ 今年も新米が収穫できました!!
京都なごみ園のお米を、安全・安心でおいしいとご購入いただいております皆様、いつも
ありがとうございます。
 遅くなりましたが、新米のご案内をさせていただきます。

 今年は夏の高温や日照り続きなど天候は不順でしたが、3月末の籾蒔きに始まり4月の田植え、そして日々の見回りや水管理、草取りなど、稲たちが心地よく育てるよう心を配って世話をしてきた甲斐があって、9月初め頃から中旬にかけ無事に収穫を終えることができました。


☆ 「冬みず田んぼ」も導入!!
 京都なごみ園の田んぼは11枚あり、うち5枚が無農薬(フェアリー幸せ米)、4枚が除草剤のみ1回使用(銀河幸せ米)、2枚が無農薬・無肥料・不耕起(自然農4種混合米)というかたちで栽培しています。
 
今年は、この5枚の無農薬の田んぼのうち、2枚で「冬みず田んぼ」にしてみました。
 「冬みず田んぼ」とは、稲刈りが終わった秋~冬の間も田んぼに水を張っておく稲作の方法です。
 そのことにより、田んぼのなかの光合成を促し、植物プランクトンや動物プランクトンの発生を助け、さらにイトミミズが繁殖し、その排泄物が雑草を抑制し、また肥料となり、無施肥・無農薬でも稲がよく育つようになるという栽培法です。

 これは、岩澤信夫さんが不耕起移植栽培と冬期湛水(たんすい)を組み合わせた稲作として提唱されている農法の冬期湛水だけを取り入れたものですが、それだけでも大変効果があり、採用した2枚の田んぼの稲は他より株張りがうんとよくなり、収量も増加しました。
またこれらの田んぼでは、タニシがいっぱい増殖し、いろんな種類の昆虫も多く見られました。

また、スリーエフ農法の波動水や「たいちくん」を散布するようになってから今回6度目の収穫となりますが、病気や害虫の被害もなく、稲はますます元気に育つようになってきました。
 
“稲さんたちが幸せでありますように!”、“食べてくださるみなさんが幸せでありますように!”という願いを込めて育ててきたお米を、ぜひみなさんにご賞味していただければと思います。

 ☆価格は昨年と同じです!!
価格につきましては、今年も昨年と同じ価格で販売させていただきます。

詳しくはHPの価格表をご覧いただき、ご注文(ご予約)いただけましたら幸いに存じます。(年間予約も承っております)。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

なごみ園

Author:なごみ園
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。